有機野菜宅配の失敗しない選び方

 

オーガニックの歴史

有機栽培は、別名「オーガニック栽培」と呼ばれ、世界に広がっている栽培方法です。
有機栽培を考える時、農薬開発との関係を考えないわけにはいきません。

 

農薬

科学的に農薬が使われ始めたのは、1800年代のフランスです。
1880年にはボルドー液(硫酸銅+石灰の混合液 )が発明され、普及していきました。
1900年に入ると、ドイツのBASF社が人工的にアンモニアを生産する技術を開発。
これにより、化学肥料を使った作物栽培が一気に普及しました。

 

日本

同じ頃、日本でも農薬工場ができ、石灰硫黄合剤やクロロピクリンが製造され始めます。
1930年代から1940年代には、
今では猛毒として知られる有機水銀剤や、殺虫剤・DDTなどが製造。
世界で大量に使われるようになります。

 

弊害

それら農薬を大量に投入する弊害は、アメリカの五大湖周辺で
野生生物の異常な行動や、大量死という形ですぐに表れるようになります。
この現象を受けて1946年、イギリスで有機農業団体「Soil Association」が発足。
有機農法への取り組みが始まりました。

 

農薬取締法

日本では、1948年に農薬取締法が制定。
農薬の大量散布に一定の歯止めがかかることになります。

 

その後も農薬の大量散布を危惧する人々によって、様々な農法が提唱されますが、
大量増産を必要とした時代です。彼らの農法は異端とされてきました。

 

しかし、1971年に農薬取締法が大幅に改正。
メーカーに農薬の安全性や残留性の試験を義務付けし、安全性を担保できるようにしました。
同時に、DDT、水銀剤など著しい危険性が指摘されていた農薬を使用禁止に。

 

有機農業

国の規制が強まる一方で、栽培する側でも、1971年、一楽照雄氏らによって
日本有機農業研究会が立ち上げられ、有機農業が体系的に研究されるようになっていきます。

 

世界での流れでは、1972年、世界100か国以上、約700団体が加盟する、
大規模な有機農業の国際機関IFOAMが発足。
大きく交流の場が広がり、有機農業が進展していくことになります。

 

1990年代になって、化学物質を検出する技術が進歩すると、
ごく微量でも健康に被害を及ぼす、化学物質による内分泌撹乱作用が指摘され、
今まで以上に農薬などに対して、厳しい目が向けられるようになりました。

 

そして現在では、2001年に制定された有機農業の規格、有機JAS規格により、
農産物の安全性が担保されています。

有機JAS規格と野菜の宅配

野菜の宅配を安心安全な野菜を届けてくれるアイテムとして、活用している人も多いと思います。
有機栽培野菜に関心のある人で、定期的に購入する習慣のある人は、
宅配に加えて、産直市で購入する人も増えています。

 

宅配業者

野菜の宅配では、どこの業者を選んでも、有機JAS規格に適合した野菜を取り扱っています。
中でも、大地を守る会は約2,500人の契約農家を持ち、
「農薬公害の完全追放と安全な農畜産物の安定供給」を目的に、消費者に安全を届けています。

 

有機JAS規格

国が認定する調査機関によって、審査される仕組みです。
野菜の宅配業者自体が認定業者となって、農家の調査を行う場合もありますが
公平性を担保するため、第三者機関に委託するところもあります。

 

また、有機JAS以外にも、独自の検査基準を設け、
より厳しい審査を通った農家とだけ、契約を結んでいる宅配業者もあります。

 

有機栽培野菜を購入する時

産直市を活用する人も多くなってきています。
こちらは、基本的に生産者の責任で
「有機JAS規格」の認定を受けるよう指導しているところが多いのが現状です。

 

参加する農家も、必ずしも有機栽培ばかりをしている農家だけではありません。
表示をよく見て買わないと、せっかく有機JAS規格の野菜を買おうと思っていたのに、
違う野菜を買ってしまうケースもありうるのです。

 

産直市では、

農家同士の交流は野菜の宅配と比べて活発ではありません。
産直市の中で競争が起き、品質や価格が一定以上のところで維持できてます。
でも、栽培での交流がないため、参加農家全体の技術が底上げされないのです。

 

もちろん人気のある農家は、それなりに技術もアップしていきます。
一方で、人気のない農家は淘汰されていきます。
それが野菜の宅配業者と異なる点です。

 

最近では、スーパーなどでも気軽に買えるようになってきた有機栽培野菜。
おいしくて安心な野菜を確実に購入したいのなら、野菜の宅配を活用した方が確かですね。